スポンサードリンク
   


ひな祭りの由来・雛人形選び〜初孫へ


雛人形選びは、楽しくもあり、難しくもあり〜ですね。
3月3日は桃の節句、おひな祭りですね。
女の子のすこやかな成長を願う行事ですね!

デパートや人形専門店などでも、可愛いお雛様が・・・。
七段飾りから、コンパクトなガラスケースに鎮座した、お内裏さまとお雛様
つい、こちらまでほほえましくなってしまいますね。
立ち雛や木彫りのお雛様も・・・。

桃の節句の由来起源は、大変古く平安時代から・・・。
昔の日本には五つの節句がありました。
人日(じんじつ) → 1月7日「七草がゆ」
上巳(じょうし) → 3月3日「桃の節句」
端午(たんご)  → 5月5日「端午の節句」
七夕(たなばた) → 7月7日「七夕祭り」
重陽(ちょうよう) → 9月9日「菊の節句」

当時の貴族の間ではこれらの節句は、それぞれ季節の節目の身のけがれを祓う大切な行事だったのです。
その中の「上巳(じょうし)の節句」が後に「桃の節句」といわれるようになりました。。

特に、女の子の初節句のひな祭りは、身のけがれを祓う災厄除けの行事になります。
平安の頃から、高貴な生まれの女の子の厄除けと健康祈願のお祝いとして行われていた桃の節句が、段々と庶民にも定着して行ったのですね。

女の赤ちゃんのすこやかな成長を願う行事です。
お雛さまは、女の赤ちゃんの災厄除けの守り神のような物であるといえます。

初孫は可愛いし女の子には心を込めてお雛様でお祝いしてあげましょう。

ひな人形を飾る時期はいつがいいのでしょう?
地域や家庭によっても違いますが、一般的には節分、立春を過ぎた大安、友引に飾る人が多いようです。
また、「雨水の日」(2月19日または20日)もお雛様を飾るのにふさわしいといわれています
☆楽天では雛人形特集をしています!是非ご覧になってください。お安い物から色々なタイプのお雛様があるんですね♪
それぞれのご家庭にあったサイズの飽きの来ない、可愛いお雛様がみつかるといいですね。
posted by エンジョイしましょ! at | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


超!貯蓄術
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。